【トリプル引退】岩瀬、荒木、浅尾が引退。今後は?次期監督候補立浪、小笠原への影響は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は中日ドラゴンズの岩瀬、荒木、浅尾選手の引退報道について。

岩瀬、荒木、浅尾選手が揃って引退。黄金期を支える。

東スポによると、三人は2018年シーズンを最後に引退することを固めたようです。

岩瀬、荒木、浅尾選手は引退後は?

岩瀬、荒木、浅尾選手の三選手は引退後にコーチとして中日に残るとが分かっています。

岩瀬、荒木の引退試合はいつ?

両選手の引退試合について調べました。

来年春のオープン戦で引退試合を行うようです。また、浅尾選手は引退試合を固辞。

浅尾選手の引退の理由は巨人戦

先ほど中日ドラゴンズの浅尾選手が引退会見を開きました。自身の引退については、以下のように振り返りました。

「1軍でプレーしているときは辞めると決めていたことはなく、自分の中で諦めたくなかった。先を考えずプレーしていたが、(9月16日の)巨人戦で3点取られた時に、これぐらいなのかなと正直思いました」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000121-spnannex-base

岩瀬は1000試合登板目前

岩瀬選手は1000試合登板を控えており、後1試合で達成します。この節目に引退を決意した可能性が高いです。

中日は森監督の退任も濃厚

ちなみに、中日は森監督の退任も濃厚になっており、そのことも大きく影響しているようです。

中日の次期監督は立浪、小笠原か?

中日の次期監督候補としては、立浪、小笠原が名前として上がっているよう。

いずれにしても、岩瀬、荒木、浅尾選手が抜けることのダメージは計り知れません。

 

情報がわかり次第追記いたします。