平尾誠二さんの死因・胆管癌と生き様。

最近ラグビーに興味を持ち、平尾誠二さんを知りました。
理不尽に勝つ!という著書なども読み漁りましたが、なんともダイナミックでまさに男の中の男。そんな鉄人的な平尾誠二さんがなくなったのは2016年10月のこと。今日は平尾誠二さんについて記事を書きます。

平尾誠二さんの死因は胆管がんという恐ろしい病気だった

日本ラグビー会の象徴とも言われた平尾誠二さん。
平尾さんは「胆管がん」によりわずか53歳という若さでこの世を去りました。

胆管がんとはどんな病気なのか?

そもそも胆管がんとはどんな病気なのか。

Wikipediによると、

胆管癌(たんかんがん、英: Cholangiocarcinoma)は、胆管に発生する悪性腫瘍である。 ... 胆管は肝臓内の細い枝に始まり、次第に合流して2本の太い管(左肝管・右肝管)になり、肝門部で1本に合流し(総肝管・総胆管)、その後膵臓を貫いて十二指腸乳頭部に開口する。

と記載がある。

胆管がんの原因や生存率とは?

平尾さんが患った胆管がんの原因については諸説ありますが、その明確な原因は明らかになっていません。

そのためこちらのサイトによると、5年生存率はわずか30%と低い率となっているといいます。

平尾さんは当初「胃潰瘍」と自身病状を説明

平尾さんの体調が取りざたされる中、当初平尾さんは自身病名について「胃潰瘍」と説明していました。しかし実際は胆管がんだったのです。周囲に心配を与えないように配慮したのか、実際に胆管がんと見間違えたのかは定かではありません。

生前の平尾誠二さんは激やせしていた。

病気を患いながらも積極的に講演会などをこなした平尾さん。
しかし、そのあまりにやせた姿に、周囲も驚きを隠せませんでした。

同じく胆管がんでなくなった川島なおみさん。

胆管がんで同時期になくなった芸能人の中に川島なおみさんがいます。
まさにワインが似合うとても美しい女優さんでした。
川島さんもある時期を境に急激に痩せ、その姿はあまりにも衝撃的でした

平尾誠二さんの死因にはすい臓がんなど諸説あるが・・・

平尾さんの死因については諸説あるようです。
しかし、同じく胆管がんでなくなった川島さんと同ような痩せ方をみるに、
やはり公表のとおり胆管がんであった可能性が高いのではないでしょうか

平尾誠二を助けると誓った山中伸弥教授

平尾さんの死をだれよりも悔やんだ男がいます。それが山中伸弥教授です。
山中伸弥教授はIPS細胞研究の第一人者です。

山中伸弥教授は平尾誠二という男にあこがれていた

2017年2月、感謝の集いにて平尾さんの弔辞を読んだ山中伸弥教授。
その弔辞の中で、平尾さんの病気を治療するために2人で一生懸命病気に立ち向かった思い出を述べています。平尾さんが無くなる前日にも2人で言葉を交わしたと言います。

この2人についてのやりとりは、友情:平尾誠二と山中伸弥教の「最後の1年」という本をご覧ください。

自由奔放だった平尾誠二さん

さて、平尾さんの若かりしエピソードを紹介します。

ファッション紙出演により日本代表から追放

とにかくイケメンすぎる平尾誠二さん。
その端正なルックスがゆえに、イギリス留学時代にはファッション紙に出演したことで日本代表追放、アマチュアの資格停止など重い罰を受けています。そのことがきっかけで、海外チーム所属をあきらめ日本に帰国し、プレーを続けました

ワールドカップにも3度出場

2019年には日本にてラグビーワールドカップが開催されます。現役時代平尾さんは合計3度のワールドカップに出場しており、日本代表がワールドカップで初勝利した際にも大活躍を収めています。

※今後ワールドカップ特集などで平尾さんの映像なども多く映ることでしょう。

まとめ

さて、今回は平尾誠二さんの死因やその生き様について取り上げてみました。2019年のラグビーワールドカップに向けて、きっと平尾さんの特集も多くなることだと思いますが、そのアツイ想いや考え方にあなたもきっと魅了されることでしょう。