革靴雨対策で困ったあなたへ正しい方法を全力で。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本格的な梅雨を迎えるにあたり、革靴の雨対策をご紹介します。

革靴雨対策その1:革靴に付着した雨をふき取る

あなたは雨に打たれて帰宅したとき、頭や身体は拭くのに、足元にある革靴のことを忘れてしまってはいませんか?

当然ですが、革靴だって長時間水分にさらされると傷みます。さらには「雨染み」になることもありますので、雨にぬれたら頭や身体同様、革靴もしっかる拭いてあげましょう。

革靴の「雨染み」の原因とは?具体的な対策方法

さて、ここでは革靴の雨染みについて少しだけ解説を。

革靴の雨染みは革靴に付着した水分が乾燥する過程で付着する染みです。一見透明な雨ですが、実は不純物を大量に含んでいます。最終的に染みになるのはその雨に含まれる不純物なのです。

ですので、革靴に雨染みをつけるのはかなり不潔な行為なので、気をつけましょう。

革靴雨染み対策

革靴雨対策その1:革靴に付着した雨をふき取る、でも紹介したように、まずは革靴に付着した水分をしっかりふき取ることが重要となります。しかし、革靴に雨染みが付着して何日か経過した場合などは、かなりしつこい汚れとなり、簡単に汚れが取れない場合もあります。その場合は雨染み専用の石鹸(せっけん)を利用して汚れをとるのをおすすめします。

革靴雨対策その2:革靴用防水スプレーを使用し、撥水(はっすい)させる。

 防水スプレーでの対策はなじみがある方も多いのではないでしょうか。しかし、少しでも間違った革靴用防水スプレーを使用すると対策が意味をなさなくなりますので要注意です。

革靴用防水スプレーを正しく選んで長持ちさせるための方法とは?

革靴用の防水スプレーと言っても、その種類はさまざまです。主な種類としては、フッ素系スプレーと、シリコン系スプレーの2種類が存在します。

「フッ素系」革靴用防水スプレーの特徴やメリット

フッ素系の防水スプレーは対象物の遷移にしっかりと付着することで、強力な防水を実現してくれます。あまりのしっかりと付着するため、汚れもあわせて防いでくれます。(防汚効果)

※しかしながら、効果の持続性はやや短いのが難点です。

「シリコン系」革靴用防水スプレーの特徴やメリット

シリコン系の防水スプレーは、フッ素のようにしっかりと付着するというイメージではなく、遷移同士のわずかな隙間を埋めていくようなイメージです。ですので、防水強度としてはフッ素系防水スプレーには劣ってしまいますが、長時間の持続性が期待できます。

さらにしっかりと通気性も確保することができますので、足に汗をかきやすく、蒸れやすい人にはおすすめの防水スプレーがおすすめです。

革靴用防水スプレーの正しい使い方

さて効果的な防水スプレーの使い方についての紹介です。

①汚れ・ゴミを取る

先ほどもご紹介しましたが、フッ素系のスプレーは表面に付着し、シリコン系のスプレーは隙間を埋めるような働きをします。ですのでいずれの場合も、汚れやゴミが付着しているとその効果が弱まってしまいますので、しっかりと汚れを落としましょう。

②「薄く広く」をイメージし、スプレーをかける

調子にのってかけすぎると革がしろくなりますのでご注意を。

特にスプレー購入直後は勢いよく噴射されますので注意するようにしましょう。

③乾燥する

防水スプレーを振りかけた後は、しっかりと靴を乾燥することが重要です。

乾燥させることでしっかりと防水成分が付着・浸透します。

防水スプレーを使用すると革靴が白くなる?

調査をしてみると、

「防水スプレーを使用したら、靴が白くなる(怒)」みたいなお悩みを見つけました。

原因は超シンプル

原因は超シンプルで、単純にスプレーのかけすぎです。私も革靴用防水スプレーを使用し始めたばかりのころ、毎日かけるのがめんどくさくなって1度に大量のスプレーをかけてしまったことがあります。このように、一定以上の量スプレーをかけてしまうと、革靴が白くなりますのでご注意を。

対策はメンドクサイ

さて、対策がメンドクサクテやっかいです。フッ素系・シリコン系両スプレーとも、かけすぎてしまうと簡単には落とせません。

対策としては、革靴用ツヤだしや革靴専用のクリームなどを使用し「目立たなくする」ことです。

※とある情報には、「水をかけて落とせばOK♪」というような情報もありました。しかし防水スプレーを水で落とすというのはあまりにも本末転倒すぎますよね・・・・

革靴雨対策その3:定期的にメンテナンスを行う

革靴雨対策として最も効果的といえるのが、定期的に(こまめに)メンテナンスを行うことです。

定期メンテナンス一覧

シューキーパーによる革靴の形維持

革靴が雨でぬれてしまうと、革靴の形が崩れてしまいます。少しでも雨にぬらたらシューキーパーを使用するなどし、形を維持するようにしましょう。

クリーナーによる防汚対策

防水対策ばかりに気を取られてしまうと、ついつい忘れてしまいがちです。

雨には大量の不純物が含まれているため、放置しておくとカビになってしまうこともあります。しっかりと防汚対策を定期的に行いましょう。

革靴洗濯

個人的にはまってるのがこの、「革靴洗濯」です。そのなのとおり、革靴を丸ごと洗ってしまう方法です。革靴専用石鹸で革靴を丸ごと洗うことで、たまった汚れを一気に落とすことができます。

まとめ

革靴雨対策についてご紹介してみました。これから本格的に梅雨に入り雨がおおくなりますので、毎日あなたの足元を支えてくれている革靴にやさしさと愛情をもって接してあげましょう。