2018年リップルの価格がどのくらい上昇するか予想してみた。

PR

2018年仮想通貨積立サービスを始めてみた件。

www.gradweve.com

f:id:gagagax:20171216191619j:plain

先日一時100円まで到達したリップルですが、
今回は2018年のリップルの価格を予想してみます。

価格予想

結論からいうと、2018年リップルの価格は1000円まで上昇すると予想します。
かなり強気に予想してみましたがw、理由は以下のとおり。

・リップル社のリップル(XRP)のロックアップ
・リップルテクノロジーの仕組み

理由その1:リップル社のリップル(XRP)ロックアップ(鍵掛け)発表

理由その1はこちら。既にご存知の方も多いと思いますが、リップル社が自社保有するリップル(XRP)550億枚をロックアップしたことを発表しました。

ロックアップした理由とは?

理由は簡単。

 

リップルの価格を上昇させるためです。

多くの人にリップルが認知され、世界中の銀行がリップル社のテクノロジーに期待を高める中、リップル(XRP)の価格はかなり早いスピードでその価格を上昇させています。

しかし、市場には1点大きな懸念がありました。それは、

 

リップル社が自社保有する大量のリップル(XRP)を売ること、です。

 

仮にリップルが自社保有している大量のリップル(XRP)を売ったとしたら、リップル(XRP)が大量に市場に流通してしまいますので、価値を大きく下げてしまいます。このことは、リップルに対して投資・投機を行ううえで大きな心理的阻害要因となっていました。

 

リップル社は公式サイトにて、ロックアップ(鍵掛け)について以下のように声明。

 

「おいおいw安心しろって。俺たちが保有するリップル550億枚にロックアップしたよ。これで一気に大量に売ったりすることはできないから。安心してw」(超意訳です)

 

このように、自社保有するリップルをロックアップ(鍵掛け)することで、リップルの価格の安定を事実上保証した形となります。

リップル社によるロックアップのメリット

リップル社にのロックアップによるメリットは様々考えられますが一番は、

 

投資家の参入による積極的な投資効果です。

 

ロックアップする以前は、いつリップル社がリップル(XRP)を放出してもおかしくない状態でしたので投資対象としては計算し難かったはず。

しかし、今回のロックアップにより、、市場に出回る総量も把握することができるため
市場に出回るリップルとリップルの価値を相対的に計りやすくなります。

よって今後は投資家の積極的な投資が期待できそうです。

理由その2:リップルテクノロジーの仕組み

リップルの価格について調べてみると、ロックアップについてはよく出てきます。
もちろんロックアップ自体が価格に与える影響は大きいです。

しかし、そもそもの「リップルテクノロジーの仕組み」を理解すれば、なぜリップルの価格が上昇するのかを本質的に理解することができます。

価格が上昇しないとリップルテクノロジーが成立しない。

リップル社が提供する「リップルテクノロジー」とは何か?様々ありますが、その中でも最もインパクトがあるとされているのが、

 

銀行間送金の簡素化です。

 

A銀行からB銀行にお金を送金する際にリップル(XRP)を取得し(買い)リップルテクノロジーを介することで、これまでとは比べ物にならないくらい速く・的確に送金が完結してしまうのです。

現状での価格では大きな問題が発生する。

仮に現在のリップル(XRP)が100円だとしましょう。現在リップル社が保有するリップルの総量は1.000億枚

単純に計算してみると、

リップルの総量(1,000億枚)×現在のリップルの価格(100円)=10兆になります。

 

先にも記載したとおり、リップルテクノロジーの代表的な価値は、

 銀行間送金の簡素化でした。

 

ちなみに、世界の年間国際送金額は、約1,500兆円です。しかし、現在のリップル(XRP)の価格とリップルの総量を掛けると、

たった、10兆円しか銀行間の送金を行うことができないことになります。

で、仮に、リップルテクノロジーを使用して年間国際送金額の1,500兆円を処理するための方法を考えると、以下2つの方法が考えられます。

1リップルの総量を増やす
2リップルの(XRP)の価格を上げる。

リップル(XRP)は最低でも15,000円まで上昇か

1.リップルの総量を増やす、についてですが
リップルの総量を増やすことはできません。これは予め決められています。

(そもそも総量を増やすことができてしまえば、価値が高いのか、低いのかすら判断できませんので、投資・投機対象にはなり得ませんw)

ということは、リップルテクノロジーを世界中で普及させるために残された道は、

 

2.リップル(XRP)の価格を上げる、しかありません。

 

仮に、リップル(XRP)が1000円になったとすると、

リップルの総量(1,000億枚)×リップルの価格(1000円)=100兆

 

となり、送金額を大きくすることができます。

それでも年間国際送金額の1,500兆円には及びません。逆に言うと、リップルテクノロジーが世界中に浸透するためには最低でも年間国際送金額の、1,500兆円を処理できるくらいの規模感、つまりは、

1リップル(XRP)あたり15,000円

が必須ということですので、それはもう、とんでもないロマンがあるわけです。

 

というか、銀行がリップルテクノロジーを介して送金処理をしようとすればするほど、リップル(XRP)が使用され(買われ)価値が上昇し続けることを意味しています。

 

※実際にあの与沢翼さんもこんなツイートをしていました。

 最初このツイートを見たときは、なんでこんなに強気なんだ?と思っていましたが、リップル(XRP)と世界中の金融取引額の関係をみてみると予想としては外してないかと思えます。というかむしろ消極的な気もしますが・・・

補足:所有スタイルは「ガチホ」が絶対お得

で、ここは補足なのですが、リップルの所有スタイルについてガチホ(ガッチリホールド)スタイルをおすすめします。

リップルという通貨は、ビットコインのような単なる投資・投機対象物ではなく、銀行間送金処理などの実務ベースで、都度リップル(XRP)それ自体を必須とします。ですので、必然的に導入機関が増えれば増えるほどリップル(XRP)の買いが多くなりその分価格は上がるはずなので、しばらく我慢してガッチリホールドしとけばかなり得しそうですよね!

NASDAQが「リップルの可能性」について言及

先日あのNASDAQが公式サイトにて、リップルについて声明を発表しました。

発言内容

「2018年に注目している仮想通貨があるんだ。それはリップル。
リップルによって、銀行業界にマジで革命起こりそうw」

(略)

「んで、リップルは2018年には100円、5年後には500円、最終的には20ドルくらいになるとおもうんだよね~」


とのことです。

NASDAQがリップルに注目した点とは?

NASDAQだろうが、その辺のオヤジ、OLだろうが予想なんていくらでもいえますよね。

重要なのは、

 

NASDAQが何に注目しているのか、

という点。それが分かれば、その部分の動向を追うことで、リップルの価格上昇タイミングも見えてきます。

で、NASDAWが注目したのは以下2点

 

・世界有数の銀行がリップルテクノロジーの導入を検討していること
・ベンチャーキャピタルからの出資

 

2018年リップル(XRP)が伸びる(儲かる)と思う理由についてでも記載のとおり、リップルテクノロジーの導入を検討してる銀行の中には中央銀行も含まれており、大きな注目を集めています。
また、リップルテクノロジーの実現に向けては有名なベンチャーキャピタリストからの
出資も行われており、計画の実現に向けて着実と進んでいるようです。

早速、日韓の銀行間で技術を活用

早速ですが、12月の15日から日韓の銀行がリップルの技術を活用して実験を行うことを発表しました。

日韓の銀行が仮想通貨リップルの技術を活用した送金実験を開始 | 仮想通貨ニュース.com

世界中で着々とリップルテクノロジーが浸透中

日韓だけではなく世界中でリップルテクノロジーが活用されており、

このように、アメリカ、メキシコ間でも正確かつ的確に送金処理が行われたそうです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。2018年のリップルの価格についてもう一度まとめます。

 

結論

リップルは1000円に達する

理由

・リップル社が自社保有のリップル550億枚をロックアップし、価格の暴落を防いだ。

・そもそもとして、リップルテクノロジーの仕組み上、世界の送金金額を処理するためには、リップル(XRP)の価格を上げるしかない。

PR

2018年仮想通貨積立サービスを始めてみた件。