2018年リップル(XRP)が伸びる(儲かる)と思う理由について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:gagagax:20171211073922j:plain

==告知==

2018年のリップル(XRP)について、どのくらい価格が上昇するのか予想してみました。

www.gradweve.com

 

今日はリップル(XRP)の2018年の予想をしてみました。

現在リップルを売買しようとする人の多くは、

「儲かるor儲からない。」

といった投機的な視点をもつ人は多いと思いますが、リップルを通貨ではなく、一つの「技術」として捉えると、その凄さ、世の中へのインパクトの大きさを理解することが
できます。

2018年リップル(XRP)は上昇する

さくっと結論から。個人的にリップル(XRP)は2018年にかなり上昇すると考えています。

 

根拠は以下の理由から

・リップルネットワークが本格的に実用される
・リップルネットワークに参加する銀行が増加中
・アメリカ国税局が正式な「投資対象」として認定

・ビルゲイツ財団と連携し、世界の決済インフラの地位を取りに来ている

 

リップルネットワークが本格的に実用される

そもそもリップルネットワークとは、世界中の金融機関の仕組みをリップルを介することで「共通化」させ、圧倒的に速く・簡単にさせよう、という技術です。

こちらについては、2018年に伸びそうなアルトコインの予想 でも記載しましたが、リップル社が提供するリップルネットワークの実用がすぐそこまで迫っています。

銀行間決済を電子通貨で 三菱UFJ銀、米欧連合と開発へ :日本経済新聞

三菱UFJ銀行は国際送金のフェーズにおいて、リップルを活用していくようです。

補足:国際送金って1日あたりどのくらい処理されているの?

リップルを活用することで、国際送金の場をはじめ、世界中のお金のやり取りを簡単にさせることができるのですが、そもそも1日に、どのくらいの国際送金が行われていると思いますか?

国際協力銀行間通信協力委員会(スイフト)によると、なんと2015年地点で、

 

1日およそ2400万件と発表されています。

 

しかも、これは年々増加傾向にあるとのことですので、リップルの需要の高さも納得ですね。

国際協力銀行間通信協力委員会(スイフト)責任者は強気な発言

今後リップルと大きなバトルを繰り広げることが予想されている、国際協力銀行間通信協力委員会(スイフト)。国際協力銀行間通信協力委員会(スイフト)とは、言わずもがな、現在の国際送金システムを牛耳っている会社。
先日、その最高責任者では、リップルについて、

 

リップル?あ、全然たいしたことないからwww」(超意訳ですw)

 

といった強気な発言を展開。実際この発言直後、リップルの価格は大幅に下げました。で、今後はリップルの動向に踏まえて、この国際協力銀行間通信協力委員会(スイフト)の発言や同行にも注目しなければなりません。おそらくですが、リップルの技術が世の中に流通する前段階(2018年春夏より以前)は、国際協力銀行間通信協力委員会(スイフト)の発言や同行が値動きのトリガーとなりそうです。

リップルネットワークに参加する銀行が増加中

f:id:gagagax:20171211074242j:plain

Rippleを利用する銀行・企業 – Ripple総合まとめに記載があるように、リップルを利用する銀行はおよそ100行以上予定されており、需要とネットワークは大きくなる一方です。

リップルを利用する銀行・企業(国内一部)

三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
イオン銀行
みずほフィナンシャルグループ
三井住友銀行

アメリカ国税局が正式な「投資対象」として認定

これはアメリカの話ですが、アメリカ国税局はリップルを正式な投資対象として認定しました。で、注目すべきは、「年金積み立て」商品のラインナップにリップルへの投資が追加されたこと。これはつまり、あらゆるシミュレーションを行った結果、

 

リップルが長期的に安定した価格推移する。

と予想されたことになります。

 

そもそもアメリカは資産に対する投資の割合が高い国ですので、当然、リップルへの積極的な投資が長期的に期待できます。

となれば、当然リップルの価値は今以上に上がることはほぼ間違いないと言えそうです。

懸念材料も・・・・

ただし、投資対象になったことで懸念材料も・・・。
懸念としては、

安定した値動きに終始する、ことでしょうか。

リップルについては一度価格が上昇して以降は、大きな値動きなどは期待できなさそうです。つまりは、リップルで儲かるチャンスはかなり限られているような気がしますね・・・

ビルゲイツ財団と連携し、世界の決済インフラの地位を取りに来ている

リップルがあのビルゲイツが運営する、ビルゲイツ財団と連携したとのニュース。
両社が共同で開発すると発表した「Mojaloop」というオープンソースソフトウェアを使用すると、発展途上国の貧しい人々でも決済を可能することができます。

通常銀行で口座を開設する場合は審査などにより、さまざまな個人情報のチェックなどがされるため、そもそも貧しい人たちにとって銀行口座を開設すること自体が困難なのです。ですので、リップルを使用すれば口座を解説することなく、いつでも、どこでも送金を可能になるのです。

世界の決済「インフラ」になり、その価値は唯一無二になる。

三菱UFJ銀行が国際送金にリップルを使用したり、発展途上国の人たちに決済を提供したり、アメリカの投資対象になったりと、私たちの生活に欠かすことができない存在になりつつあるリップル。これだけみてみても、リップルは儲かる仮想通貨となる可能性が高いといえそうですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。仮想通貨リップルが単純に儲かるか、儲からないかを考える上ではリップルという「技術」のインパクトを考えるとヒントが得られるかもしれません。

 

==告知==

2018年のリップル(XRP)について、どのくらい価格が上昇するのか予想してみました。

www.gradweve.com