2018年に伸びそうなアルトコインの予想

f:id:gagagax:20171210210811j:plain

今年1年はビットコインをはじめとした仮想通貨が爆発的に普及した年でした。
今回の記事では2018年に飛躍することが予想されているアルトコインについて、海外記事を参考に予想してみます。

 

2018年注目アルトコインその1:イーサリアム

イーサリアムとは?

そもそも、イーサリアムとは仮想通貨イーサを運用するために必要なプロジェクトやぷラットホームの総称なのです。もっとも大きな特徴は、

 

スマートコントラクト(簡単な決済・契約)」です。

 

簡単に言うとブロックチェーン上に、一定の「条件」まで記録することができるのです。
つまり、AがBにC(条件)の時だけ決済(取引)を完了させたいとき、過去の取引からC(条件)を照合し、その条件が整った場合にのみBに対して決済が完了できる仕組みです。
(しかもこれを超高速&自動化で。)

で、さらに重要なのは、当然のことながらこれを仲介業者なしで決済(取引)が完遂できるということ。内容が複雑な場合ほど、これまでの取引内容や契約内容を詳細に調べていましたが(場合によっては専門家を雇うなど)、そのような作業もなくなるため、これまでとは比べ物にならないほど早く・的確なサービスを実現することができます。

このように、特にあらゆる取引(決済)で「条件」を必要とする企業間取引において、イーサリアムはビットコインよりも需要が優れているのです。
実際日本国内の企業でもイーサリアムの技術を生かした新たな試みを開始しています。

国内初、「Enterprise Ethereum (エンタープライズ イーサリアム)」を活用したブロックチェーン「スマートコントラクト」の実証実験を開始 | 2017年 | KDDI株式会社

 

2018年にはビットコインの市場規模を超える?

専門家は、2018年にはイーサリアムがビットコインの市場規模(マーケティングキャピタリゼーション)を追い抜かすのでは?予想しています。ロジックは以下のおとり。

 

・(企業が)スマートコントラクトを応用した技術を開発。
・それにともない仮想通過イーサリアムの需要(価値)が上昇する。

 

つまり、企業がスマートコントラクトをはじめとした「技術」をビジネスシーンで活用するために、莫大な投資を行うことが予想されるため、必然的に仮想通貨イーサリアムの需要も高まると予想できます。

※ちなみに、現段階でイーサリアムの活用や支援を行っている企業は以下のような会社があります。

 

KDDI
トヨタ
ウォールストリートジャーナル
JPモルガン
マイクロソフト
インテル
三菱UFJフィナンシャル・グループ

 

2018年注目アルトコインその2:ゴーレム

超近未来的な発想、ゴーレムとは?

個人的に注目しているアルトコインの一つです。
ゴーレムとは、世界中の使われていないコンピュータ処理システムを集合させて複雑で大量に計算が必要な人に対して提供してあげよう、というサービスです。

通常、複雑で大量に計算が必要になると、スパコン(スーパーコンピュータ)などといった途方もない開発と費用が発生します。しかしゴーレムは、世界中の眠っているコンピュータ処理システムを集合させ・活用することで、手軽にそして安価な料金で計算処理が実現するのです。

で、そのやり取りの際に仮想通貨ゴーレムが使用されます。

 

ロジックは以下のおとり。

ブロックチェーンの活用により・・・・
1.プロバイダーは計算処理をリクエスターに提供
2.リクエスターはプロバイダーにゴーレム(料金)を支払う。

 

プロバイダーとは自分の使用していないコンピュータシステムを提供する側で、

リクエスターとは、コンピュータシステムを受け取る側です。

 

ゴーレムが2018年飛躍すると予想される理由は?

これはビッグデータやAIなど情報処理に関するハードや人材の需要が非常に高まっているためです。このようないわゆるデータ産業では、情報を処理するための初期コストが大きくかかることが市場への参入障壁の一つになるわけですが、ゴーレムを使用することで大幅なコストダウンが実現することができます。

また、現在試験段階であるものの、実用化に向けてかなり近づいているようです。

実用化が発表されるのは2018年春夏頃と予想。その際には大きく価値をあげることでしょう。

2018年注目アルトコインその3:リップル

==告知==

2018年のリップルについて予想してみました。

www.gradweve.com

個人的に最も注目しているアルトコインです。

あのグーグルが投資した、リップルとは?

リップル発行もとのリップル社は、決済システムや送金システムを開発しています。
よって、それらサービスを使用した際に発生するの仮想通貨リップル(XRP)です。

リップルは銀行を変える。特徴など

先日、三菱UFJ銀行がリップルの技術の導入を検討することが発表されたことからも分かるように、リップルは銀行業のあり方を根底から覆す、つまりは爆発的に普及する可能性があるサービスなのです。で、リップルで何が劇的に変わるのか?その一つが、

 

送金手数料の削減」です。

 

通常、自分が使用している口座とは異なる口座へ送金する場合は手数料が発生します。
しかし、リップルを使用するとその必要がなくなるのです。

リップル社が構想するリップルネットワークがすごい件。

リップルネットワークとは・・・

 

異なる銀行同士における決済の架け橋になるシステム、です。

 

日本からカナダへ送金、
インドからアメリカへの送金、
韓国からウガンダへの送金etc...

などなど世界中の金融機関をまだくお金のやり取りがされているわけですが、
こうした手間をリップルを介することで圧倒的に早く・的確に済ませてしまおう!というわけです。

 

2018年はリップルは確実に飛躍する!

2017年12月現在、リップルネットワークに参加する銀行は100行あることからもわかるように、リップルのシステムを活用しようとする動きが活発化しているようです。実際三菱UFJ銀行は2018年初頭からサービスを開始する構想を打ち立てており、これがうまくいけばリップルの価値も今より大きくあがるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。2018年に飛躍しそうなアルトコインを予想してみました。

それぞれ基盤となるサービスをしっかりと開発していることに加え、そのサービスを大手企業や巨大市場で活用されることが見えていますので期待できそうです。

 

参考にしたサイト

Top Altcoins and Cryptocurrencies to Invest in 2018 - Captain Altcoin at your service!