ローラの性格がわがまますぎる件?事務所リベラとの契約トラブルの闇が深い 

先日2017年CM女王が発表され、ローラが見事CM女王に選ばれました。今日はローラと所属事務所リベラのトラブルについて新情報も交えながら記事を書いてみました。調べてみると所属事務所のリベラがとんでもない事務所であることと、ローラが望む美しい世界がわかりました。

2017年CM女王にローラが輝く(3年ぶり)

12月6日に、2017CM女王が発表され、見事ローラが選出されました。現在、所属事務所リベラとの契約トラブルで世間の注目を浴びているわけですが、相変わらずの人気ぶりを発揮しました。

所属事務所リベラとのトラブルは泥沼化へ

しかし、所属事務所リベラとの問題は深刻化しているようで、お互いがなかなか譲らない展開が続いています。

わがままな性格に厳しい声も

リベラとのトラブルが表面化した当初はローラを支持する世間の声も多かったのですが、問題が長期化するにあたり、批判の声も多くなっています。

一方的にファンクラブの休止&移転

その問題の発端として11月下旬にローラ自身が発表したファンクラブの休止&移転宣言。これまでは所属事務所が管理していたファンクラブにて、ファンと交流していたローラですが、自身の独立問題を進展させるためにこのような決断に至ったようです。

双子の兄が設立した新事務所への移籍も発表

所属事務所リベラからの独立を一方的に発表したのは10月20日。その後ローラは双子の兄が設立した新事務所MOKA BEARへ移籍したことを発表しています。

ローラの双子の兄、「りょう」さんとは?

突然登場したローラの双子の兄、「りょう」さんについて調べてみました。

 
ローラそっくりで、とても端正な顔立ちが特徴的です。モデルやコンピューター関係など幅広い分野で活躍しているようです。

ローラが所属してたリベラのブラック伝説

ここまでは、ローラに対する批判的な出来事を紹介しましたが、実は所属していたリベラも相当ブラックな契約をローラに結ばせていたとして非難を浴びています。その象徴的な契約内容が以下になります。

本人の意思に関係なく、事務所の都合で10年契約を更新できる。

こちらの契約書に関しては芸能関係者から問題視する声も挙がっています。

・・・ローラ側が事務所に契約更新しない旨を伝えても、事務所サイドの了承がなければ解除できない一方的な契約でした。まさに現在、問題視されている“奴隷契約”そのものです」(事務所関係者)http://bunshun.jp/articles/-/3690より引用

ローラ自身もツイッターで反論

所属事務所との問題が明るみになる前に、ローラのツイートが大きな注目を集めました。その時のツイートがこちら↓

 

当時、ローラになにがあったのか?といろんな憶測がなされました。後になっていろいろ調べてみると、このツイート内容が所属事務所との契約関係のトラブルのことであることは、容易に想像できます。(しかし恐ろしすぎる)

所属事務所リベラ代表羽布津康史氏とは?

羽布津氏はリベラの創業者で、2007年渋谷の路上でローラをスカウトしました。当時リベラは設立したばかりの弱小事務所でした。しかし、羽布津氏とローラはまさに2人3脚で苦楽をともにしました。そして、ブレイクのきっかけはあの「しゃべくり007」。ここで、ローラ人気に火が付き、一躍スターに成り上がりました。しかし、ローラの人気が高まる中で金銭トラブルが頻繁に発生。さらにローラに対して口うるさく管理するようになったといいます。

 

一部報道によると、ローラの自宅にまで侵入し壁を破壊するなの行動をしたのち、強制的に契約書にサインをさせたり、ローラの信頼する事務所関係者を次々に解雇した、などといった報道がなされています。

羽布津氏の行動がとてつもなく闇が深い件(怖すぎる・・・)

羽布津氏は、この問題について真っ向からローラの主張に対して反論しています。しかしながら、羽布津氏の行動はとても「闇が深い」とされています。羽布津氏は今回の問題が公になっているのにも関わらず、ローラが出演するCMの契約を次々と獲得し、彼女を出演させ続けているのです。通常であればトラブルを起こした女優は降板させられ、同所属事務所の他の女優に出演させるのですが、なんとも奇妙な行動です・・・。

羽布津氏の行動にローラは反発

現在ローラは、すでに双子の兄が設立した事務所に移籍をしていることもあり、ローラはCM関係者に対して、今後の契約はリベラを通さずに依頼するように各社に要望しているようです。

ローラがほしかったのは幸せな結婚と家庭だった・・・

ローラは以前、テレビ番組(1週回ってしらない話)に出演した際に、自身の将来について語っていました。その際に、

 

好きな人と結婚し、幸せな家庭を築きたい

 

と語っていたのが印象的です。自分の子供には将来の夢が叶うように全力で応援してあげたい、とも言っていました。このような発言の背景にはローラが幼少期の頃に体験した極貧経験からだと言います。

ローラの今後を占うのはハリウッド

事務所との問題も泥沼化し、このままではなかなか解決には向かっていかないことが予想されます。そんな状況を進展させる要素としてはローラのハリウッド活動が大きなカギを握ります。

アメリカロサンゼルスに家を建てた

実際ローラはアメリカ・ロサンゼルスに自身の家を建設したことが報道されていています。費用はおよそ1億円とも言われています。これは今後、本格的にハリウッドに進出する決意の表れであるといえます。実際今後日本の活動はセーブしつつ、アメリカでの活躍を目論んでいるのがわかります。

まとめ

ローラと所属事務所リベラについて調査してみました。世間の声としてはローラのわがままな性格に指摘の声も多いのが現状ですが、契約トラブルを紐解いてみるとリベラの羽布津氏の異常な行動もかなり問題行為であると言えます。私としてはローラを応援したいと思います。