24時間テレビチャリティーマラソンが今年で打ち切り?原因は?

8月26日と27日に放送された24時間テレビ。視聴率は歴代2位の18.6パーセントを記録しました。注目されていたチャリティーマラソンのランナーは当日発表の末、芸人のぶるぞんちえみさんが努めました。このチャリティーマラソンについて、ある噂が流れているそうなので、取り上げてみます。

 

 

24時間テレビチャリティーマラソンが打ち切られそうな背景とは?


今回の24時間テレビチャリティーマラソンのランナーの選定方法は【当日発表】という前代未聞な方法で選定の末、ブルゾンちえみさんに決定しました。通常であれば24時間テレビ放送前の行列のできる法律相談所でランナーが発表されるのが恒例となっていますが、今回は史上初めて、当日での発表となりました。このような背景には、ことごとく出演者にチャリティーマラソンランナーを断られたことが原因だとデイリィーニュースは報じています。

 

ジャニーズタレントにオファーをしたものの・・・・

デイリーニュースによると、当初はジャニーズタレントにオファーを出したものの、
ことごとく断られたとのこと。過去ジャニーズタレントでは、TOKIOの城島さん、山口さんやV6の森田さんななど早々たるメンバーがチャリティーランナーを務めています。

運営スタッフとしても、チャリティーマラソンにある程度理解の深いジャニーズ事務所ならチャリティーマラソンの依頼を受け入れてくれるだろう、と考えていたのではないでしょうか。

 

まあ、視聴者からするとただでさえ、今回の24時間テレビの総合司会が、櫻井さん、小山さん、亀梨さんなのを考えると、チャリティマラソンのランナーまでジャニーズだとうんざりしていたと思います。

というか、24時間テレビはジャニーズに頼りすぎだろw

 

グダグダだった、チャリティマラソンランナー選定


チャリティランナーについては、当初、「走る理由がある人」が選ばれる、というような情報を流していましたが、結局、元陸上部のブルゾンちえみさんという誰にとってもサプライズにならない選考で視聴者をがっかりさせました。直前に不倫問題なので、世間を騒がせた宮迫さんやひるナンデスを降板することが決定した美トアナなど、
「走る理由がある人」は他にいたような気がしますが・・・

しかも、Twitterではチャリティマラソンランナーが、投稿者によって明かされるという事態も発生しました。ランナーの選考からその後の情報管理まで、すべてがグダグダでしたね。

 

そもそも、24時間テレビチャリティーマラソンは何のためにするの?


というか、24時間テレビ=マラソン、という考えが一般的になっていますが、何のためにわざわざ酷暑の中、マラソンなんてするんだ?と思っている人もいるかもしれません。(私も、そう思いますw)

 

一番の理由は、募金を募るため、です。

 

24時間テレビを見ていると分かるとおり、番組の途中で頻繁に募金金額の途中経過や、
芸能人が募金箱をもって来る姿が放送されていますよね。このことから分かるように、そもそもこの番組は、募金を募る番組です。そのために、感動的なストーリーをつくり人の心が動くための仕掛けを作る必要があるのです。

 

そう考えると、普段テレビに出ている芸能人が苦しい表情をして、およそ100km走る姿は多くの人に感動を腰部ための効果的なツールであると言えます。

 

一方、24時間テレビの深夜番組はやりたい放題?


とはいえ、深夜にやる嵐にしやがれや、しゃべくり007、有吉反省会なのでは、熱湯風呂生着替え等々、やりたい放題やっており、大きな反響を生んでいます。ということは、正直わざわざチャリティーマラソンなんかやらずに、ずっとバライティー番組を放送してもいいと思いますけどね

 

まとめ


今回のチャリティーマラソンの経緯をみてみると、この企画自体がそろそろも継続できなくなってきているように感じています。司会もランナーもジャニーズ頼りでは限界だとおもうので、番組の構成から抜本的に変えていってほしいです。