【SMAP解散】おそろしいジャニーズ事務所、情報操作の裏側。

「全部事務所が悪い。」

「事務所のせいでSMAPはばらばらになった。」

「メリーさえいなければ。」

 

ファンたちからは、解散報道直後から、ジャニーズ事務所&メリーさんに対しる批判の声が挙げられてきました。今回の記事では改めてジャニーズ事務所側の大人げない対応をみていきます。長文になってますので、ゆっくりみてください。

 

目次に行く前に。

SMAPの解散報道については、日々いろんな情報が報道されています。しかし、その情報の裏には、必ず情報発信者の思惑がついて回ります。大切なのは客観的に情報をみていくことです。そこで私がおすすめしたいのが、コチラ。

 

 

SMAPはなぜ解散したのか (SB新書)

新品価格
¥864から
(2017/7/23 00:47時点)

ジャーナリストが客観的にSMAP解散報道についてまとめてくれています。SMAP報道について、これ以上振り回されたくない人、真実を知りたい人はぜひ読んでください。

 

 

 

 

ジャニーズ事務所の情報操作の全容

さて、さっそく本題です。あなたはSMAP解散の件でジャニーズ事務所に怒りを覚えた一人ではないですか?

木村さんを除く4人を独立の反逆者としてさらし挙げ、徹底的にバッシングさせたり、解散報道後の露骨な木村さん上げ報道などなど、なんとなく、ジャニーズ事務所のやる【大人げない対応】に対して違和感を感じているかとおもいます。

 

ジャニーズ事務所のこのようなやり方は、何もSMAPの解散が決定した後から起こったことではなく、解散報道直後からすでにおこなわれていました。それが、情報操作です。

 

スポーツ新聞リーク事件

SMAP解散報道を最初に報じたメディアって、なに新聞だったか覚えていますか?解散報道を最初に報じたのは、ニッカンスポーツとスポニチです。

 

SMAP解散の報道は当初、週刊新潮という雑誌によって初めて世間に公表される予定でした。それにもかかわらず、ニッカンスポーツとスポニチが週刊新潮よりもなぜ、1日はやく公表することができたのでしょうか。

 

一つの説としては、週刊新潮による内容がジャニーズ事務所にとって不都合すぎる内容であったため、週刊新潮発売よりも前に、ジャニーズ事務所側からSMAP解散情報を「売った」ためと言われています。

 

週刊新潮であかされた、「紅白歌合戦事件」と「メリーさんパワハラ事件」

それでは、週刊新潮が報じようとした、ジャニーズ事務所にとって都合のわるい内容に迫ってみます。

 

その内容とは、ズバリ、

 

●紅白歌合戦事件
●メリーさんパワハラ事件 の2つの情報です。

 

紅白歌合戦事件について

これは、飯島元マネージャーが、紅白制作側に対してSMAPを司会に強く推薦したことに対して、メリー社長が激怒。

 

「SMAPを司会にするのであれば、ほかのジャニーズグループをすべて出場させない!」と発言したなどの内容。(NHKは否定しました。)

 

「メリーさんパワハラ事件」

これは、SMAPのマネージャを務めていた飯島さんが、メリーさんのからパワハラと捉えられる言動を日ごろから浴びせられ、ついには退職に追いやられてしまったという旨の内容でした。

 

「メリーさんパワハラ事件」の報道を一歩「深読み」してみた。

飯島さんの事務所退職については、さまざな憶測がありました。

・定年間近であること

・行き過ぎたマネジメントによる解雇等々、

ジャニーズ事務所側がこの内容を「隠したい事実」として認識していたとしたら、飯島さんはパワハラによって事務所を辞めた説が一気に真実味を帯びます。

 

さらに、このような状況をいちばん深刻にみていたのはだれか。そう、今回事務所の退所を発表した、香取さん草彅さん稲垣さんの3人ではないかと考えられます。

 

特に、彼ら3人に対しては「なんでそんなに頑ななの?」とおもっていたのですが、信頼する飯島さんがパワハラをうけていたとしたら、彼女を守るための行動であったことがわかります。

 

しかし一方で、そんな飯島さんを助ける理由が少ないメンバーもいました。そう、木村さんです。その理由は、コチラの記事でも紹介しましたが、

www.gradweve.com

飯島マネージャが現場でとても横柄にふるまっていたことも証言されており、木村さんがその尻ぬぐいをしていたことなどが証言されています。

 

ニッカン・スポニチはどう報じたか?

週刊新潮がジャニーズ事務所にとって不都合な内容を掲載する一方で、ニッカン・スポニチはどのようなニュアンスで報道したかをみてます。

 

ニッカン・スポニチは飯島さんが独立し、木村さんを除く4人が飯島さんに付いていく。というようなニュアンスの報道をしました。つまりは、ジャニーズ事務所側SMAP解散は飯島さんのせいにしたかっとことが伺えます。

 

ネットはどちらの情報を拡散したのか?

さて、どんなニュースでも過熱・炎上させてしまうネットニュースはどちらの報道を主に扱ったでしょうか。

 

そう、いうまでもなくニッカン・スポニチ側、まりはジャニーズ事務所が操作した内容のニュースを取り扱いました。

 

そりゃそうですよね。事務所に雇われたいちマネージャーが事務所に反逆して、メンバーとともに独立する。こんな話題性のあるニュースをネットニュースが取り上げない理由がないですよね。

 

さすがジャニーズ事務所と言わざるを得ない対応。ジャニーズ事務所側は、おそらくですが、ニッカン・スポニチに報道され、ネットに拡散されるところまで予想していたのではないでしょうか。

 

騙されなかったファン

一方的に飯島さんをはじめとする4人が悪者とされる報道がされるなか、SMAPファンたちは常に冷静な視点を持ち続けました。

とくにヤフコメでは、解散報道がニュースされるたびに、事務所側の問題点やメリーさんの問題行動を指摘する声が非常に多かった印象です。さすがSMAPファンです。

 

ジャニーズ事務所はその後もジワリジワリと4人を追い込む。

ジャニーズ事務所は、解散直後の情報操作だけはなく、その後もジワリジワリと飯島さんをはじめ、中居さん、香取さん、草彅さん、稲垣さんを追い込む情報操作を行っていたことが疑われています。

 

香取さんの引退報道をはじめ、番組降板、終了。他メンバーを率いて独立などなど、根も葉もない噂を日々報道され続けました。特にテレビ番組については、どうしてテレビ局側ではなく、新聞社からそんな情報が一方的に報道されたのでしょうか。あきらかにおかしいですよね。

 

スマスマにも裏切られた?

スマスマ最終回。世界に一つだけの花を歌い終わり、制作スタッフ全員と記念撮影を終えたメンバーたち。

 

スタッフの「ハイ、オッケーです。」というセリフで最終回の収録が終わると、木村さんを除く4人は余韻に浸るわけでもなく、そうそうに現場を去ってしまった光景を覚えていますか?

 

当時テレビをみていたのですが、すごくあっけない最後を目の当たりにし、ちょっと焦ってしまったのを覚えています。まあ、収録を終えて早々に引き上げること自体別に特別なことではないと思うのですが、妙に引っかかってので調査してみました。すると、あの謝罪関係が大きく影響してるとのことなのです。

 

詳しくはこちらを購入してみてみてください。

 

SMAPはなぜ解散したのか (SB新書)

新品価格
¥864から
(2017/7/23 00:47時点)

ここに、スマスマさえも4人を追い込んでいたかのような気情報がありますので。恐ろしすぎる。

 

中居さんの「みんな、よくがんばった。」発言の真相がみえてきた。

ここまで、みてみると、昨年末中居さんがラジオで発した、「みんな、よくがんばった」発言の真相が見えてきます。

 

本人たちの思いなど一切無視。徹底的な情報操作により追い詰められ、精神的にボロボロだったのでしょう。ただでえ、ジャニーズ事務所とは距離をとり、飯島さんという天才によって独自路線を突き進んできたSMAP。ここぞとばかりに事務所に売られ続けた1年。もはや芸能界全体を巻き込んだイジメです。

 

中居さんがジャニーズに残る理由

中居さんはこんな状況の中でも、ジャニーズ事務所に残留することを発表し、世間を驚かせましたね。

 

これに対しては、「裏切もの!」などバッシングの声もよく聞かれますが、私は全く逆だと思います。

 

これだけの思いを後輩たちにさせたくない。ジャニーズ事務所を変えたい。

 

こころやさしく、責任感の強い中居さんはきっとそう考えているのではないでしょうか。

まとめ

以上、ジャニーズ事務所の情報操作について書いてみました。
改めてみてみると、とんでもなく「汚い」戦略で世論を操作しようとしていたことがわかります。

個人的には、ターニングポイントはネットニュースだと考えていて、ファンと同じように、もう少し冷静な視点をもってニュースサイトがジャニーズ側の不備を報道することができれば、解散という最悪な結果にはならなかったのかと思います。