こんなに?2018年に終了するサービス等一覧

今回の記事では2018年に終了するサービスをまとめてみました。

 

 

ヤフー、ディレクトリ型検索サービス

internet.watch.impress.co.jp


ヤフーは2018年にサイト立ち上げ当初から提供してきた同サービスを終了することを
決定しています。今でこそサイト検索の主流派、グーグルの検索エンジンをはじめとした検索エンジンタイプですが、一昔前は、このヤフーディレクトリサービスへの登録、検索がホームページを検索するための主流でした。

 

Ymobile PHS新規契約&機種変更

今ではほとんど企画なくなった、PHS。PHSとは、Personal Handy phone Systemの略で、昔のガラパゴス携帯とほぼ同じ形状をした電話です。
PHSはもともと、家庭電話回線からアンテナを引いて使用する仕組みのため、携帯電話とは異なり、遠い距離での通話を苦手としており、距離が離れるほど通話料金が高くなる仕組みです。
 
そしてこの度、ソフトバンクとウィルコム沖縄は、Y!mobile(ワイモバイル)にて提供しているPHS向けの料金プランの受け受付の停止を2018年3月31日をもって終了させることを正式に表明しました。

総務省の発表(リンク)によると、平成28年現在でもおよそ400万人もの人が、PHSに加入しているそうで、影響を受けそうです。

分野別データ:通信:契約数

 

旧WiMAX


最近頻繁に聞くようになった、WiMAXという言葉。
そもそも、WiMAXとは、

簡単に言えばWiMAXとは無線のインターネットです。持ち運べるインターネットということで以前から携帯電話の3GやLTEと比較されてきましたがWiMAXは通話することが出来ないので完全にインターネット専用のサービスです。
やさしくねっと.様より引用
http://yasashikunet.com/wimax/

 

このサービスはKDDIが提供していたことから、現在auユーザーにとって関係のある話となります。

WiMAXのサービスが提供された当初は、現在使用されている、WiMAX2のようにネットに通信するための通信制限なども無いという超お得プランでした。

しかし、WiMAX2が普及するなかで、Mbpsという1秒間に通信できる総量13.3Mbps(平均は20Mbpsと言われている)まで低下し、徐々に存在感を失っていきました。

 

au VoLTEの「ボイスパーティー

 

最大30名まで通話可能!を前面メリットに押し出していたサービス。
auより2018年3月より、サービスが終了されることが正式に発表されました。
このサービスですが、やはりLINEが最大200名まで通話できるサービスを無料で開始したことが大きな原因ではないかと考えています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は2018年に終了するサービスのほんの一部を紹介しましたが、ほかにもまだまだ終了するサービスがありますので、何か心配なことがあればすぐチェックするようにしてください